新築(築1〜3年)ほどのマンションを売りたい

 

  • 急な転勤で、家を売却することになった
  • 離婚で家を売ることになった
  • ご近所トラブルで、引っ越しをすることになった

 

建てたばかりの戸建て住宅や、買ったばかり新築マンションを売る理由は様々です。

 

ここで「どれくらいの下落率なのか?」あなたはきになっているかもしれませんが、
だいたい10%〜15%あたりが一般な下落率です。

 

※立地によっては、ほとんど下落しないこともあるため、一概にはいえません。

 

 

また
「ローンがたくさん残っているから、新築の家は売れない?」とあなた疑問に思っているかもしれません。

 

結論を言うと
ローンが残っていても、家を売却できます!

 

条件が1つあります

 

条件は、ローンを全額返済して抵当権を抹消することです。

 

例えば、
ローン3000万円 <  手持ちの資金&家の売却代金 3300万円

 

であれば、問題ありません。

 

となると、家を少しでも高く売れるか、が勝負の肝となります。

 

解決方法はシンプル!不動産の一括査定サイト

 

「とりあえず、近所の不動産屋さんにお願いしようか」

 

明確な理由があるならば、いいですが、適当に選ぶことはやめましょう。

 

業者選びを間違えると、数百万円以上の損をしたり、買主さんが見つからなったりと、
デメリットがだらけです。

 

特に、新築の家ですから、業者選びがかなり重要!

 

そうした悩みを1分で解決する方法が一括査定サイトです。

 

不動産の一括査定なら60秒!

 

複数業者に60秒入力で一括査定依頼

 

複数の業者に一括して自宅の査定依頼することで、
競争原理を発生させます。

 

完全無料

 

相性の良い担当者も、一括査定!

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

※担当者、次第で運命が決まります。

 

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→https://sell.yeay.jp

 

 

不動産知識Q&A

 

不動産業者の女性

 

誰でも簡単!※家を売るときの良い不動産屋の選び方

 

家を売る際には、多くの人が良い不動産屋を選びたいと願っています。良い不動産屋の選び方については、いくつかのポイントに着目する必要があります。まず、業界団体に加盟しているのかどうか、という点をチェックします。トラブルなどが発生した場合には、業界団体に加盟している不動産会社のほうが安心できます。不動産会社が業界団体に加盟していれば、トラブルなどに巻き込まれた際、業界団体の苦情窓口に相談することができます。また、不動産会社の得意分野と売りたい物件が一致しているのか、という点をチェックすることも重要なポイントになります。一口に不動産会社といっても、マンション、一戸建て、賃貸などのように、それぞれの得意分野があります。得意分野として扱っている物件と自分が売ろうとしている物件が一致していれば不動産会社が把握している情報を活かす機会が増えるため、有利に働いてもらえる可能性が高くなります。更に、地方の物件を売りたい場合には、大手の不動産会社よりも地域密着型である中小の不動産会社のほうが良いこともあります。地域密着型の不動産会社であれば、需要が高い物件の条件などを知っている場合もあるため、その条件と売りたい家の条件が合えば、高く売ることができるチャンスが広がります。

 

 

ローンが残っている家は売却・処分できるの?

 

ローンが残っている家が売却、処分できるかどうか不安な方もいらっしゃると思います。結論から言いますと、出来ます。しかし、お金は必ず完済する必要があります。処分だけでしたら、ローン額が大きくなければ売却費用でなんとかなります。しかし、次の家に渡って行く場合は、費用面について問題が起きることもあります。

 

次も家を購入ということになれば、頭金が必要になります。売却金でと思いがちですが、そうそう都合よく家が売れるとは限りません。下手をすると結構長い期間売れないこともあります。売れなかった場合、不動産屋さんに買い取ってもらうという方法もありますが、不動産屋さんに買い取ってもらう場合は、思っているよりも安く売ることになります。移りたい家がすでに決まっていて、新居の価格が自分の希望売値と同じくらいだとしたら、予算が足りないことになります。

 

また、売却よりも新居を手に入れるのが先だった場合、前の家が売却できなければ、前の家のローンと新居のローンとの二重ローンになってしまいます。これも前の家が売れるまで、両方の支払いが続きます。売却が遅れた場合、前の家の最終的に売れる値段が分からないので費用的にも精神的にも不安が付きまといます。見切り発車はお金に関してかなり厳しいものになるかもしれません。

 

ローンが残っている場合は次の家のローンが重なる覚悟で、余裕のある予算で考えていくようにしましょう。